施設一覧
  • 劇場
  • 稽古場
  • ギャラリー
  • アトリエ
  • 視聴覚室
  • 講義室
  • 音楽練習室
  • 施設案内ナビ
  • 360度パノラマビュー

〒120-0034 東京都足立区千住3-92
千住ミルディスⅠ番館 10F
TEL:03-5244-1010
FAX:03-3881-3133

チケットセンター
TEL:03-5244-1011
グループ観劇
TEL:03-5244-1020
施設受付
TEL:03-5244-1012
FAX:03-5244-1022

11月

マザー・テレサ 愛のうた

出 演:伊東えり 岸田敏志 ほか


イベント日

2017/11/16(木)〜20(月)

チケット料金
(税込)

全席指定
SS席9,500円 S席8,000円 A席5,500円 B席4,000円
THEATRE1010フレンズ会員
SS席8,550円 S席7,200円 A席4,950円 B席3,600円
※4歳以下のお子様のご入場はできません。
※B席は、ミュージカル座とシアター1010のみでのお取り扱いとなります。

9月19日(火)

9月20日(水)

9月21日(木)

9月23日(土)

お問い合わせ

ミュージカル座 048-825-7460
THEATRE1010 03-5244-1010

11月 16(木) 17(金) 18(土) 19(日) 20(月)
    12:00 13:00 13:00
18:30 18:30 17:30    

※開場は開演30分前です
※公演は組・組の一部ダブルキャストで上演いたしますが、伊東えり、岸田敏志は全ステージ出演いたします。
※残席ある場合は、公演開演の1時間前より当日券を販売いたします。
 ご観劇当日のご予約は承っておりません。当日券をご利用ください。
※出演者並びに出演スケジュールに変更がありました場合は、何卒悪しからずご了承ください。
 出演者変更の場合でも、他日への変更、払い戻しはいたしかねます。

【キャスト・スタッフ】

出  演:伊東えり 岸田敏志 ほか

脚本・作詞・演出・振付:ハマナカトオル
作曲・編曲・音楽監督:tak
プロデューサー:竹本敏彰 ハマナカトオル
制  作:村上恵子
企画・製作:ミュージカル座

出演者

【公演紹介】

20世紀、世界に最も影響を与えた女性と讃えられるマザー・テレサ。インド、カルカッタのスラム街で貧しい人の中の最も貧しい人に仕え、愛と命の大切さを守り続けた奇跡の生涯と、人類の遺産とも言える彼女の素晴らしい言葉の数々を、美しい音楽に乗せて皆様の心にお届けするミュージカルです。「ひめゆり」「ルルドの奇跡」など、珠玉のミュージカルを数多く創作して来たミュージカル座代表のハマナカトオルと、ミュージカル「何処へ行く」「おでかけ姫」でハマナカとコンビを組み、スケールの大きな楽曲を提供した作曲家takによるオリジナル・ミュージカル。マザー・テレサの愛と奇跡のストーリーを、全編歌で綴るポップ・オペラ形式で描いた感動的なミュージカルです。2015年の初演でマザー・テレサを演じ、入魂の演技を見せて好評を博した伊東えりが再びマザー・テレサを演じ、物語の語り手となるジャーナリスト役を初演に引き続き岸田敏志が演じるファン待望の舞台!  今年11月、シアター1010にて再演が決定しました。どうぞご期待ください!

【ストーリー】

貧しい人の中の、最も貧しい人を救う活動に一生を捧げた不世出の人、マザー・テレサの人生と言葉を、長年に渡って彼女の取材を続けたジャーナリストの書いた本から浮かび上がらせる。1910年、マケドニアのスコピエという街に生まれたマザー・テレサは、幼くして母、聖フランシスコ、小さき花のテレーズなどに影響を受け、修道女になることを決意。教会の神父から聞いたインドの貧しい人々を救うため、家族と別れてカルカッタの修道院へ向かう。彼女の願いは修道院に聞き入れられず、しばらくは修道院の裕福な女学校で教師として過ごしていたが、ある日、神の声を聞き、意を決して、世の中で最も貧しい人に仕えるため、一人危険なスラム街へと向かうのだった。果たして、彼女の行動の裏には、どのような愛と祈りがあったのだろうか。彼女が残した言葉と共に振り返る。

THEATRE1010

 

チケットセンター 03-5244-1011 オンラインチケット http://www.t1010.jp/

・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:)
・ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:)
・e+(イープラス) http://eplus.jp

※内容につきましては、変更になる場合があります。予めご了承ください。