施設一覧
  • 施設案内ナビ
  • 360度パノラマビュー

〒120-0034 東京都足立区千住3-92
千住ミルディスⅠ番館 10F
TEL:03-5244-1010
FAX:03-3881-3133

チケットセンター
TEL:03-5244-1011
グループ観劇
TEL:03-5244-1020
施設受付
TEL:03-5244-1012
FAX:03-5244-1022

公演情報
公演情報過去の公演イベント情報過去のイベント

11月

ミュージカル「アトム」

原案:手塚治虫 脚本・演出:横内謙介 作曲:甲斐正人


公演日

2011/11/20(日)

チケット料金
(全席指定・税込)

S席 6,000円 A席 5,500円
THEATRE1010フレンズ会員 S席 4,500円 A席 4,000円
足立区民割引 S席 4,500円 A席 4,000円 (足立区在住・在勤)
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※当日500円増。
※足立区民割引はわらび座関東・東海事務所・THEATRE1010チケットセンター・窓口のみのお取扱となります。

8月24日(水)

一般予約開始

8月26日(金)

窓口販売・予約引取開始

8月28日(日)

お問い合わせ

わらび座関東・東海事務所 048-286-8730
THEATRE1010 03-5244-1010

2011年11月20日(日) 13:00 / 17:30 開演

【スタッフ】

原   案:手塚治虫
脚本・演出:横内謙介
作   曲:甲斐正人
振   付:ラッキィ池田・彩木エリ
美   術:金井勇一郎
照   明:塚本 悟
衣   装:樋口 藍
監   修:手塚 眞
協   賛:手塚プロダクション 角川エンタテインメント
共同制作:わらび座 新宿区

【あらすじ】

20××年、十万馬力のロボット「アトム」の時代は終わり、さらに進化したヒト型ロボットが、パワーを大きく制限され、人間への絶対服従を強いられている時代。
路地裏の倉庫では、ロボットだけの秘密のパーティーが開かれていた。元科学者・神楽坂町子の屋敷で働くトキオと、親友のアズリが創った歌は、自由を持たないロボットたちに生きる喜びを生んでいた。そこに人間の若者たちが紛れ込んでくる。工場で働くタケとエミ、親に未来を決め付けられて苦しむマリア。「私たちだってロボット!」人間とロボットの叫びは心を結びつける。やがてマリアとアズリに愛が芽生える。しかし、それを許さない人間の力と暴力によって、アズリは殺される。
復讐を叫ぶロボット達に、元科学者のスーラが「殺人兵器として十万馬力のアトムを甦らせるのだよ」と煽る。アトムを密かに預かっていた神楽坂町子は、「暴力で何かを解決した事があったか」と、トキオを諭す。
そして、トキオに隠された秘密が明かされる。
アトムは甦るのか―、トキオの決断は―。

【演出メッセージ 横内謙介】

こんな時だからこそ、孤独な人間たちに対して誰かが
「I LOVE YOU!」と叫んでくれる物語が必要だろう、と考えます。

すでにアトムの誕生日(2003年4月7日)も通り越した今、『鉄腕アトム』を未来を描くSFファンタジーではなく、人々の記憶に深く刻まれた神話や、民話のように描いてみたいと考えています。
テーマは、人間ならざる者から人間たちに宛てて捧げられる、切なく哀しい「I LOVE YOU!」のメッセージです。
手塚治虫がアトムを描いた時、すでに人間は危うい存在でした。地球を破壊し、互いに殺し合う、醜い存在。
そんな人間たちに救いの手を差し伸べるべく現れたのが、十万馬力の心優しい科学の子・アトムでした。
もはや神からも見捨てられた人間たちをもう一度信じ「君たちは素晴らしい」、「人間が大好きだ」と言ってくれる、小さな友人。そしてその言葉通り、愚かな人間たちのために、命さえ投げ出してくれる最後の天使。
人間への愛のために、我が身を危険に晒して人間の悪と闘う、機械=アトムの自己犠牲の姿は、まさに神話的英雄の行為であると思うのです。
時代の状況は、手塚治虫がアトムを生んだ時よりも悪くなっています。ますます人間の危機は迫っている。
こんな時だからこそ、孤独な人間たちに対して誰かが「I LOVE YOU!」と叫んでくれる物語が必要だろう、と考えます。
たとえ今、我々人類が、比類希なるアトムの美しい魂から愛される価値のないものだとしても。
そんな人間たちが、せめて自分たちの寂しさに気付くためにも。

公演
脚本・演出/横内 謙介(よこうち けんすけ)
劇作家・演出家・扉座主宰。日本劇作家協会副会長。1961年東京都生まれ。神奈川県立厚木高校在学中に演劇と出会い、処女作『山椒魚だぞ!』で演劇コンクール優秀賞を受賞。1982年、扉座の前身「善人会議」を旗揚げ。以後オリジナル作品を発表し続けている。活動は劇団だけにとどまらず、市川猿之助率いるスーパー歌舞伎や、蜷川幸雄演出のミュージカル、V6など幅広く作品を提供する。劇作以外では、厚木市ほか全国各地で行われる演劇ワークショップの講師や、NHK衛星第2の『真夜中の王国』でも司会を務めるなど、その多彩な才能を発揮している。1992年『愚者には見えないラ・マンチャの王様の裸』にて第36回岸田国士戯曲賞受賞。1999年『新・三国志』にて第28回大谷賞を史上最年少で受賞。2004年第37回北九州市民文化賞受賞。最近の主な活動。2006年7月~10月 フジテレビ系TVドラマ『ダンドリ~Dance☆Drill~』脚本。2007年3月横浜能楽堂『踊るアジア』構成・演出。2007年4月扉座第38回公演『ドリル魂-ガ・ガ・ガ・ガ・ガ-』作・演出。2007年4月エッセイ集「考えると夜も眠れない」発売。2007年7月キャラメルボックス2007チャレンジシアターVOL.5『猫と針』演出。
音楽/甲斐 正人 (かい まさと)
1951年、東京都生まれ。東京芸術大学作曲科を卒業。帝国劇場、日生劇場、青山劇場、宝塚歌劇団公演等、各劇場にてミュージカル、芝居、舞踊の作曲、音楽、音楽監督の第一人者として活躍している。音楽監督としての主な作品は、「マリー・アントワネット」(演出・栗山民也)、「モーツァルト」(演出・小池修一郎)。オリジナルミュージカルとしては、宝塚「舞姫」(演出・植田景子)。芝居では「冬のひまわり」(演出・齋藤雅文)、「眉山」(脚本・齋藤雅文、演出・栗山民也)。わらび座作品では、ミュージカル「アテルイ」「よろけ養安」「銀河鉄道の夜」「義経-平泉の夢」「天草四郎」を手掛ける。1982年作品・松竹映画「蒲田行進曲」の映画音楽で83年度日本アカデミー賞最優秀音楽賞受賞。「虹の橋」にて94年度日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞・94年度おおさか映画祭最優秀音楽賞受賞。オリジナルミュージカル「出島」の作曲・帝国劇場ミュージカル「エリザベート」の音楽監督で2001年度読売新聞演劇大賞最優秀スタッフ賞受賞。

THEATRE1010

 

チケットセンター 03-5244-1011 オンラインチケット https://www.t1010.jp/

・わらび座関東・東海事務所 048-286-8730
・チケットぴあ 0570-02-9999(音声自動/Pコード:415-063)
・ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:33867) 0570-000-407(オペレーター対応)
・イープラス http://eplus.jp(PC&携帯共通)

※内容につきましては、変更になる場合があります。予めご了承ください.

ページのTOPへ

シアター1010