施設一覧
  • 施設案内ナビ
  • 360度パノラマビュー
  • 座席から見たステージ

〒120-0034 東京都足立区千住3-92
千住ミルディスⅠ番館 10F
TEL:03-5244-1010
FAX:03-3881-3133

チケットセンター
TEL:03-5244-1011
グループ観劇
TEL:03-5244-1020
施設受付
TEL:03-5244-1012
FAX:03-5244-1022

公演情報
公演情報過去の公演イベント情報過去のイベント

10月

小松亮太デビュー25周年/シアター1010 20周年記念
小松亮太 プレミアライブ with クミコ 蛇腹楽器の祭典
〜旅する音楽 アルゼンチンタンゴ・シャンソンの世界〜

出演:小松亮太(バンドネオン)、クミコ(ヴォーカル)
桑山哲也(ボタン式アコーディオン)、佐藤芳明(鍵盤式アコーディオン)
福井浩気(ギター)


イベント日

2024/10/05(土)・06(日)

チケット料金
(税込)

全席指定 6,500円
シアター1010フレンズ会員 6,000円
足立区民割引(在勤・在住・在学) 6,250円

※未就学児のご入場はできません。
※車椅子でご来場の方は、シアター1010チケットセンターまで事前にご連絡ください。
※足立区民割引はシアター1010チケットセンター・シアター1010窓口のみのお取扱いとなります。(窓口販売は、発売日の2日後からの受付けとなります。)

フレンズ会員先駆予約開始

2024年7月24日(水)10:00〜

ネット会員先駆予約開始

2024年7月25日(木)10:00〜

一般予約開始

2024年7月26日(金)10:00〜

窓口販売・予約引取開始

2024年7月28日(日)10:00〜

お問い合わせ

シアター1010チケットセンター 03-5244-1011

2024年10月5日(土) 開演16:00
2024年10月6日(日) 開演14:00

※開場は開演の30分前

【キャスト・スタッフ】

出  演:小松亮太(バンドネオン)、クミコ(ヴォーカル)
桑山哲也(ボタン式アコーディオン)、佐藤芳明(鍵盤式アコーディオン)、福井浩気(ギター)

主  催:足立区シアター1010指定管理者
協  力:ビクターミュージックアーツ
制作協力:ALIVE/キョードーファクトリー

【公演紹介】

小松亮太の出身地であり、小松自身がこよなく愛する足立区北千住駅前、シアター1010での2年ぶりの2DAYS公演。
ゲストにシャンソン歌手のクミコを迎えて、豪華なステージをお贈りします。

【演奏予定曲目】

風の詩〜THE世界遺産(小松亮太)、リベルタンゴ(ピアソラ)、人生のメリーゴーランド(久石譲)、他
(曲目が変更になる場合がございます)

【プロフィール】

小松亮太小松亮太(バンドネオン奏者)

1973年 東京 足立区出身。洗足学園音楽大学客員教授。
高校時代より才能を発揮し、18歳で伝説的歌手である藤沢嵐子の1991年のラスト・ステージではバンドネオン・ソロで伴奏を担当。
1998年、ソニーミュージックより CDデビュー。以来、アルバムは25枚以上を制作。
カーネギーホールやアルゼンチン・ブエノスアイレスなどで、タンゴ界における記念碑的な公演を実現している。
特にアルバム「ライブ・イン・TOKYO〜2002」がアルゼンチンで高く評価され、2003年にはアルゼンチン音楽家組合(AADI)、ブエノスアイレス市音楽文化管理局から表彰された。
2015年にリリースした大貫妙子との共同名義アルバム『Tint』は、第57回輝く!日本レコード大賞「優秀アルバム賞」を受賞。

作曲活動も旺盛で、フジテレビ系アニメ『モノノ怪』OP曲「下弦の月」、TBS系列『THE世界遺産』OP曲「風の詩」など多数を手掛けている。

2021年には430ページに及ぶ書籍「タンゴの真実」(旬報社)を上梓。
ラジオ番組「小松亮太の音楽世界旅行」の司会進行も務めている。
https://ryotakomatsu.net/

クミコクミコ(ヴォーカル)

1982年シャンソニエの老舗・銀座「銀巴里」でプロ活動をスタート。
2002年「わが麗しき恋物語」がヒットし一躍脚光を浴び、10年、「INORI〜祈り〜」で第61回NHK「紅白歌合戦」初出場を果たす。14年、「広い河の岸辺〜The Water Is Wide〜」がロングヒット、17年、アルバム「デラシネ」(クミコwith風街レビュー)が日本レコード大賞優秀アルバム賞を授賞。24年7月、シャンソンベストアルバム第二弾「私の好きなシャンソンVol2~シャンソンテックな歌たち~」をリリースするなど様々なメディアへの出演、全国各地でのコンサートなど各方面で活動中。

桑山哲也桑山哲也 (ボタン式アコーディオン)

日本唯一のベルギー式配列のボタンアコーディオン奏者作曲家である父、桑山真弓より6歳からピアノ鍵盤式のアコーディオンを学ぶ。
14歳よりフランス屈指のアコーディオン奏者故デデ・モンマルトルに師事しボタン式アコーディオンに転向。
情感溢れる表現力とテクニックで様々ジャンルのアーティストとの共演も多く、これまでに9枚のアルバムをリリース。
2020年にはKis-My-Ft2のアルバム楽曲「種」を作曲するなど作曲家としても好評を博している。 2022年よりシャンソンの祭典『パリ祭』の音楽監督を務める。
妻は女優の藤田朋子。仲良し夫婦としてメディアへの出演も多い。

佐藤芳明佐藤芳明(鍵盤式アコーディオン)

国立音楽大学在学中に独学でアコーディオンを始める。
卒業後渡仏、C.I.M.Ecole de Jazzにてアコーディオニスト・Daniel Milleに師事。
既存のアコーディオンのイメージにとらわれない独自のサウンドで、ライブ、レコーディング、アーティストサポート、舞台音楽など、様々な現場で数多くの仕事をこなし、国内外を問わず、ジャンルを越えて幅広く活動。

福井浩気福井浩気(ギター)

2009年に渡仏し、ジュディカエル・ペロワに師事のもと、オルネー=スー=ボワ県立音楽院(パリ近郊)にて音楽研究資格、オー=ド=フランス高等音楽学校(リール)にて国家音楽家専門資格及び国家音楽教育資格を取得。在仏時には、リール近郊の音楽学校で約4年間ギター講師も務める。また、アルゼンチンギタリストのディエゴ・トロスマンやシロ・ペレス各氏の指導を得て、アルゼンチンタンゴの追求も行う上、バンドネオン奏者のルイーズ・ジャリュと「Duo FUKUI-JALLU」を結成し、ミュールーズのタンゴフェスティバル「Le Printemps du Tango」やパリの「Tango Paris Banlieues」 等に出演する他、フランス国内で多数演奏活動を行う。

THEATRE1010

 

チケットセンター 03-5244-1011(10:00~18:00) オンラインチケット https://www.t1010.jp

・キョードー東京 0570-550-799(平⽇11:00〜18:00/⼟⽇祝10:00〜18:00)
         https://www.kyodotokyo.com/komatsu2024
・チケットぴあ https://w.pia.jp/t/komatsu2024/ (Pコード:275-157)
・ローソンチケット https://l-tike.com/komatsu2024/ (Lコード:34093)
・e+(イープラス) https://eplus.jp/komatsu2024/
総合情報へ戻る

※内容につきましては、変更になる場合があります。予めご了承ください。

ページのTOPへ

シアター1010