施設一覧
  • 施設案内ナビ
  • 360度パノラマビュー

〒120-0034 東京都足立区千住3-92
千住ミルディスⅠ番館 10F
TEL:03-5244-1010
FAX:03-3881-3133

チケットセンター
TEL:03-5244-1011
グループ観劇
TEL:03-5244-1020
施設受付
TEL:03-5244-1012
FAX:03-5244-1022

公演情報

4月

天に舞い地を駆け巡りてー
石見神楽東京公演

出 演:石見神楽亀山社中(島根県浜田市) ゲスト出演:石見神楽東京社中(東京都)


イベント日

2016/04/16(土)

チケット料金
(税込)

全席指定 S席5,500円 A席4,500円 B席3,500円
THEATRE1010フレンズ会員
S席4,950円 A席4,050円 B席3,150円

当日券 S席6,000円 A席5,000円 B席4,000円
※3歳未満無料 ただし、ひざ上でご観覧ください。

フレンズ会員先駆予約開始

1月7日(木)

ネット会員先駆予約開始

1月8日(金)

一般予約開始

1月9日(土)

窓口販売・予約引取開始

1月11日(月)

お問い合わせ

Office ENDLESS(新宿)03-6457-8023
THEATRE1010 03-5244-1010

2016年4月16日(土)
昼の部 開演 12:30 / 夜の部 開演 17:00

※開場は開演の30分前

【キャスト・スタッフ】

出  演:石見神楽亀山社中(島根県浜田市)
ゲスト出演:石見神楽東京社中(東京都)

主  催:石見神楽東京公演首都圏実行委員会
後  援:島根県・浜田市・(一社)浜田市観光協会
お問い合わせ先:Office ENDLESS(新宿)TEL 03-6457-8023(日・祝を除く11:00~18:00)
総合お問い合わせ先:(一社)浜田市観光協会(島根県浜田市浅井町777-19)
          TEL 0855-24-1085(9:00~17:00)

【公演紹介】

演目
① 昼 12:30~15:30 儀式舞 塵輪 大蛇 五條橋 恵比須 頼政
② 夜 17:00~20:00 儀式舞 岩戸 大蛇 神武  恵比須 貴船

石見神楽とは
舞う!勇壮に 奏でる!ダイナミックに 装う!絢爛豪華に

10月、11月になると、あちらこちらからお囃子の音が聞こえてくる石見神楽の故郷。それが、島根県西部の石見地方です。収穫を祝う秋祭りでは、各神社で夜を徹して神楽が奉納され、お囃子の音に誘われて心を躍らせながら神社に向かい神楽を見るのは、石見の人々にとって大きな楽しみです。最近では、祭りの時期のみならず、一年中神楽を見ることができ、週末ともなると奉納神楽だけでなくイベント・ホール公演が沢山催されるようになりました。

石見神楽は、古くから伝わる伝統芸能ですが、お年寄りから子どもにまで熱狂的に愛され、親しまれてきた現代に生き生きと息づく郷土の宝ともいえます。また、石見地方には150を超える神楽団体があり、多くの若者がその中心メンバーとして活躍しているという、他の伝統芸能では見られない姿があります。石見神楽では、金糸・銀糸の刺繍をほどこした絢爛豪華な衣装に身を包み、時にゆったりと時に激しくダイナミックに奏でられるお囃子に合わせた、重厚感溢れる華麗な舞、天に舞い地を駆け巡る勇壮な舞が見られます。その、エネルギッシュで躍動感あふれる舞や、様々な姿に変化する「八(や)岐(またの)大蛇(おろち)」は、人々の心に驚きと深い感動をもたらすことと思います。石見神楽の演目は、古事記・日本書紀に見られる神話や各地の伝説を題材としたもの、史実を創作演目にしたものまで幅広い内容になっており、神や鬼が登場する勧善懲悪の分かりやすいストーリーで展開します。その分かりやすさ故か、石見神楽が舞われているところでは、最前列に陣取り目の前で演じられている舞を見ながら、自分も神になり鬼になって舞っている子ども達の微笑ましい姿が、よく見かけられます。まさに、石見神楽は、未来へ脈々と受け継がれる時代を超える伝統芸能であり、石見地方から日本中のイベント会場へ、芸能の世界へ、あるいは世界の舞台へと活躍の場を広げ続けている、郷土の誇りです。
皆様も、ぜひ東京公演においでいただき、私たちの郷土の誇りである石見神楽の迫力ある舞台をご堪能ください。

【出演社中 プロフィール】

石見神楽亀山社中
石見神楽亀山社中は、島根県西部に伝承される八調子石見神楽を継承し、発足17年になる若い社中ですが、神楽熟練者により結成されています。社中理念である「温故知新」の精神を貫き、敬神感をもとに伝統芸能を継承すべく、厳しい練習を重ねています。最初の演目、厳かで静寂に張りつめた空気のなかでの儀式舞。鬼や大蛇が登場し石見神楽特有の軽快さ、豪快さを表現する能舞。さらに、古典演目である「頼政(よりまさ)」・「貴船(きふね)」においては、社中独自のアレンジで筋を再構築し、独特の世界観をお見せします。社中の主な活動は、神社例祭を中心とし、イベントへの参加も多数あります。また、島根・広島両県の神楽大会にも出演し、高い評価を得ています。2014年に続き二度目の東京公演ですが、この度、新たに首都圏に立ち上げられた実行委員会のお世話になりながら、この石見神楽東京公演を定期的に末長く継続し、みなさまに石見神楽の魅力を少しでも感じてもらえたら幸いです。

石見神楽東京社中
首都圏での石見神楽の認知度向上と、石見地方の観光客誘致につながる各種取り組みを実施するため、2011年6月、石見地方出身者を中心に結成しました。伝統芸能石見神楽の伝承に取り組み、石見の地に息づく伝統文化の魅力を多くの方に知ってもらうため、首都圏にて奉納、上演を行っています。島根関連イベントのみならず、あらゆる地域のイベントにも積極的に参加し、神楽の認知度向上と石見地域への誘客の促進を図っています。

亀山社中HP http://kameyama-kagura.com
石見神楽東京公演首都圏実行委員会 Facebook 「石見神楽応援団 in 首都圏」

THEATRE1010

 

チケットセンター 03-5244-1011 オンラインチケット https://www.t1010.jp/

・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:446-525)
・ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:38928)
・e+(イープラス) http://eplus.jp
・カンフェティ http://confetti-web.com

※内容につきましては、変更になる場合があります。予めご了承ください。